女性が喜ぶ花

女性を喜ばせるには、花言葉も考慮して選ぶ!

女性に花を送る時は、花自体がオシャレなお花である事はもちろんですが、花言葉と合わせて贈ると喜ばれます!

例えば、バラの花言葉である「愛」と「美」をメッセージカードに添えて贈るのはポピュラーになりつつありますが、他にも女性がトキメク様々な花言葉があるので、相手の女性に合わせた花言葉を考えてお花を選ぶようにしましょう!

逆に、花自体がキレイで気に入ったとしても、花言葉を良く知らないで贈ると、間違った贈り方をして思わぬトラブルを引き起こしかねませんので注意が必要です!

女性に贈るのは避けた方がいいお花もある!

お見舞いに椿のお花を送るのは縁起が悪いというのは有名ですが、女性に贈るのがタブーのお花もあります。

ライラック(春・入手可能時期3月から5月)の花言葉は、「青春の喜び」・「初恋の感激」・「若き日の思い出」ですが、昔は婚約者にライラックを贈ることは、婚約解消の申し出を意味したそうです。

また、ジャスミン(夏・入手可能時期は2月から5月)の花言葉は、「温和・愛敬・私はあなたについていく」、ですが、夜に咲く「ナイトジャスミン」の花言葉は「愛の通夜」なので、贈り方に気をつけないと、二人の関係に亀裂が入ることもあるので気をつけましょう!

女性に贈るお花は、街のお店で買うよりもネットのギフト専門ショップで探すのがおススメ!

街のお花屋さんでもラッピングをしてくれたり、アドバイスをしてくれますが、ネットのギフト専門のお花屋さんで購入するのがおススメです。

お花は「生モノ」ですので、お店で買う場合は女性に贈る当日に購入しないと傷んでしまいますが、ネットで購入すれば指定日に指定の場所に配送してくれるのでとても便利です。

また、大きな花束を贈る場合、街中で持ち歩くのは恥ずかしくて気になる人も多いですが、ネットで注文しておけば持ち歩かないで済むのも大きなメリットです。

【女性が喜ぶ花選び入門!】メニュー